関西電力の巨悪を明らかにするために
  「関電の原発マネー不正還流を告発する会」

HOME これまでの取組み 今後の予定 新たなお知らせ 株主代表訴訟 リンク

地検の不当な不起訴決定を許さない!検察審査会での勝利をめざす緊急集会

12月27日 大阪地検、10月提出の倉庫案件告発状を不起訴決定

関西電力の役員等20名余が、福井県高浜町の元助役森山栄治氏やその関連会社から計約3億6千万円の金品を受領していたことが明らかになりました。

関電の発注した主として原発関係の工事費からの還流であることに疑いの余地はなく、それを受け取るのは犯罪のはず。
関電は、八木会長らが辞任し、第三者委員会は「ユーザー目線を欠いている」と指弾を行いました。

しかし、原発マネーの還流はすべて解明されたとは言えません。政治家への不正な資金の流れはなかったのかなどは、強制的な権限を持った捜査当局が動く必要があると考えました。

2019年12月13日に、関電役員12人に特別背任罪(会社法960条1項)、背任罪(刑法247条)、贈収賄罪(会社法967条1項)、所得税法違反(238条1項、120条1項)の疑いがあるとして、3272人が告発状を大阪地検に提出しました。2020年1月31日に、その後に届いた告発委任状を提出し、告発人は3371人になりました。

また、6月9日には、関電第三者委員会が明らかにした役員報酬等の闇補填問題で、森元会長、八木元会長、岩根元社長を業務上横領と特別背任で追加告発しました。告発人は2172人(後の追加をあわせると2193人)になりました。

2020年10月5日、上記2つの告発状を一本化し、関電の第三者委員会、取締役責任調査委員会、コンプライアンス委員会の報告書で明らかになった事実等でブラッシュアップして、被告発人を森元会長ら9名に絞った告発状を提出し、大阪地検に正式に受理されました。

しかし、その後、強制捜査等は行われず、大阪地検は2021年11月9日に嫌疑不十分で全員を不起訴処分にしてしまいました。地検OBが多数関電役員に就任した経過があり、不都合な真実の隠ぺいに検察も加担するのでしょうか? 2022年1月7日、1194人で検察審査会に申し立てました。

検察審査会は8月1日、闇補填を「起訴相当」、不正発注等を「不起訴不当」と議決し、「更なる捜査を十分に行って事実を明らかにしてほしい」とこれまでの捜査のあり方も批判しました。

しかし、大阪地検は、その後も強制捜査を行うこともなく、12月1日、再び不起訴にしてしまいました。「起訴相当」とされていた闇補填事件を再び検察審査会が「起訴相当」と議決すれば、強制起訴に持ち込めるため、声をあげ続けます。

また、2022年4月20日に関電コンプライアンス委員会が明らかにした土砂処分、土地賃借の問題で9月6日に、倉庫賃借の問題で10月12日に新たな告発状も提出しました。このうち、9月6日の告発について、大阪地検は「当初告発の捜査の範囲に含まれる」として不受理にしました。10月12日の告発は受理されたものの12月27日に不起訴処分となりました。いずれもコンプラ報告書で、根拠となる資料も明示された事実であり、なぜそのような処分になるのか理解できません。私たちは、これらを検察審査会に訴え、疑惑の追及を継続していきます。ぜひ注目してください。

2020年6月23日に株主有志が関電役員22人を相手に株主代表訴訟を提訴しています。関電も旧役員を提訴せざるをえなくなりました。刑事責任追及と車の両輪で追及していきます!

関電の原発マネー不正還流を告発する会

関電の原発マネー不正還流を告発する会
事務局:〒910−0859  福井県福井市日之出3−9−3
    原子力発電に反対する福井県民会議気付
    (TEL) 0776−25−7784
    (FAX) 0776−27−5773
mail:fukuiheiwa@major.ocn.ne.jp